新規取付工事[携帯サイト]


< ページ移動: 1 2 >

エアコン取付工事の前に

エアコン取付工事内容の確認

お客様宅にお伺いしましたら、まず取付けるエアコンと取付ける現場を見せて頂きます。エアコン工事のお見積もり金額と万一異なる場合はこの時点で説明させて頂きます。

エアコン工事前の準備

<画像:養生>


エアコンを取付る部屋にブルーシートや毛布、キルティングの布などを敷き、床や畳を保護します。部屋の隅には養生用のビニールなどを併用する場合もあります


エアコン取付工事に使用する部材について

エアコン取付工事に使用する部材は、耐久性があり出来るだけ長持ちするものを使用しています。なお、配管パイプに巻くコーテープは耐候性がありませんので、出来れば配管カバーによる施工をお薦めします。

配管パイプ

<画像:配管>


銅管の肉厚が0.8mm以上の新冷媒(R410A)に対応したパイプ使用しています。少しでも断熱材が保護されるよう表面をエンボス加工したタイプを使用しております。


ドレンホース

<画像:ドレン>


安いドレンホースは直射日光が当たると2〜3年でひび割れを起こします。そこで、従来の2倍以上長持ちする2重構造になったドレンホースを標準で使用しています。内側の黒い層があるのが強いタイプです。


プラブロック

<画像:プラブロック>


耐候性、耐荷重性に優れ、振動も防止するプラブロックを使用しております。 コンクリートブロックに防振ゴムなどを併用して設置する場合もあります。


接続電線

<画像:電線>


1.6mmの細い電線なら取付も楽なのですが、2mmタイプのVAケーブル線を基本として、メーカー指定通りの電線を使用致します。


配管用穴あけ工事

壁裏センサー

<画像:壁ウラセンサー>


壁裏センサーなど使って壁内部の柱や間柱を調べます。センサーが検知できない場合柱もあるので、配管用の穴をあける前に、小さな穴を開けて筋交いを調べ穴位置を決定します。柱や筋交いなどは建物の強度に関係するので、出来るだけ傷付けないように作業します。


コアカバー

<画像:コアカバー>


穴位置が決定したら、コアカバーを取付けて穴あけ時の切りくずが出来るだけ飛び散らないようにします。コアカバーの代わりに養生を緻密に行って対応する場合もあります。基本的には壁を汚さないように、傷付けない様に注意して穴を開けます。


スリープの取付

<画像:スリーブ>


配管用の穴を開けたらスリーブ(プラスティックの筒)を挿入して、エアコン室内機の後ろに外気や壁面内部の湿った空気が流れ込まないようにします。


エアコン室内機の取付

据付版の取付

<画像:据付板>


エアコン室内機を設置する為に据付版を壁に取り付けます。壁裏センサーなどを使って柱や間柱、胴縁に木ネジで固定します。木ネジが使えない場合はアンカーなどで固定する場合もあります。最近のエアコンは換気機能などで大きいタイプも多いのでしっかり固定する必要があります。


アース線の接続

エアコン用のコンセントにアース端子が付いている場合は、室内機のアースとコンセントのアース端子を電線で接続します。(コンセントにアース端子が無い場合は別途工事になります)

エアコン室外機の取付と配管

ドレンホースの断熱

<画像:ドレンの断熱>


< ページ移動: 1 2 >


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

当社のエアコン工事価格
電話お問い合わせ:0800-800-4787 代表電話:022-353-9244 Powered by
MT4i 3.0.8